スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BURN



ちょっとピントがアレですけど、年季の入ったコッヘルみたいになってます。

昔は、キャンプから帰ってきたらクレンザーで磨いたものですが、こればっかりは磨いても直りませんのでO/Hしましょう。



というわけで

イアン ペイスさんのご来店をお待ちしております。



スポンサーサイト

Joe's MC CAMP TOURING 5

CIMG7207-ct-yk.jpg

最後に、お疲れコーヒーを飲むべく談合坂で休憩。
ジュージャンで、死闘の末ライスが負け、みんなでご馳走になります。


CIMG7211-ct-yk.jpg

振動で、交通費のクラッチレバーのピンが飛んでったので応急処置をし、小雨のぱらつく談合坂SAを後に。


CIMG7222-ct-yk.jpg

そして、実質ここで解散。
それぞれの高速の出口の看板が、楽しい2日間に終わりを告げます。









CIMG7226-ct-yk-bw.jpg

ライス  K君


CIMG7077-ct-yk-bw.jpg

タカ  タカ


R0012490-ct-cx-bw.jpg

小2  Y氏


CIMG7151-ct-yk-bw.jpg

2m3cm改め2m4cm  A君


CIMG7071-ct-yk-bw.jpg

ハンサム  Iさん


R0012792-ct-cx-bw.jpg

裸おにぎり  ユーキ君


R0012552-ct-cx-bw.jpg

交通費  Nさん


CIMG6996-ct-yk-bw.jpg

レイバン  HM氏


仕事を休んで朝から参加してくれたハンサム、小2、裸おにぎり、交通費、タカをはじめ、徹夜明けで一睡もしないで駆けつけてくれたライス、子供がまだ小さく1秒でも長く一緒にいたいところを用事を済ませ駆けつけてくれた2m3cm改め2m4cm、仕事をこなし飯も食わずに駆けつけてくれたレイバン、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

とても素敵な十周年記念になりました。
楽しい時間を提供してくれたみなさんに、この場をお借りして深く感謝申し上げます。

都合により来れなかった方々も、次回タイミングが合えば是非一緒に夜を明かしましょう。

また、『無理です』コメントを下さったE/Jさん、はじめましての読者さん、A/Jのみなさんにも合わせて御礼申し上げます。





というわけで







R0012554-ct-cx.jpg

んじゃ、また。




おしまい。



Joe's MC CAMP TOURING 4

CIMG6985-ct-yk.jpg

テントから這い出ると雨も小降りになっており、いち早く目を覚ました交通費が、周りの片付けと火を起こしをしてくれており、その種火を元に湿った薪を乾かしつつみんなで焚き火に専念。


CIMG6987-ct-yk.jpg

朝飯は作る予定ではありませんでしたが、火が起きると飯炊くべってことになり、何故か焚き火ではなくストーブ類を持ち寄り飯炊き合戦。


R0012827-ct-cx.jpg

そして、コッヘルも総動員して、なんともトリッキーな服装の私(以下、鉄人)自ら取り分ける。
こんなトリッキーなセンスの方に、バイクのカスタムは危なっかしくて任せられません。


CIMG6993-ct-yk.jpg

んで、群がる。


R0012799-ct-cx.jpg

んで、焼く。


ごめん。
焼かない。 


CIMG6998-ct-yk.jpg

ご飯と缶詰をたらふく食べて片付け、各々荷造り。


CIMG6999-ct-yk.jpg

んで、レイバン。
カメラを向けるとカッコつけてくれるので面白いです。
ですが、付き合いも20年を越えると只々イラつくだけです。
ま、腐れ縁ってやつです。


CIMG7017-ct-yk.jpg

出発。
後ろでは、ハンサムがせっかくパッキングした荷を解いています。
テントまで。

聞くと、バイクの鍵が無いとのこと。

結局、ポケットに入っていたというハンサムなくせして意外とおっちょこちょいというギャップに世の女性陣は萌えるのでしょうな。



ちっ。




CIMG7027-ct-yk.jpg

んで、出発。


CIMG7065-ct-yk.jpg

ギリギリの天気の中、R139を北上。


CIMG7139-ct-yk.jpg

あとは、高速で帰るだけです。


CIMG7145-ct-cx.jpg

高速に乗ってしまうと、みなさんあっという間に居なくなります。




つづく。



Joe's MC CAMP TOURING 3

R0012816-ct-cx.jpg

19時30分頃、HM氏(以下、レイバン)到着。
みんな酒も入っているので、写真の事など忘れて盛り上がり、気がつけば、ひとりふたりと巣に戻る。

すっかり熾火となった生き物のようにチラチラと揺れる炭を突きながら、息子でもおかしくない最年少の裸おにぎりと父親でもおかしくない最年長の私とで語らう。
その向かいでは、レイバンと交通費の初対面のふたりが、いいちこをちびちびとやっている。


いい夜。


そして夜も更け、テントに潜ってしばらくするとぽつぽつと雨が降り始め、久しぶりに聴くフライに当たるその音を聴きながら眠りに就くも雨脚は激しくなるばかりで、浸水していないかたまに確認しつつ、気が付けば朝。




つづく。


Joe's MC CAMP TOURING 2

R0012765-ct-cx.jpg

買出しから戻ってみると、Z2-K君(以下、ライス)と川越A君(以下、2m3cm)が到着済み。

バイクの向き変えて~ずらっと並べて~なんて気持ち悪い事は誰一人しません。
停めりゃ停めっぱなし。
ライスに至っては、荷物降ろせば降ろしっぱなし。

そんなウチのお客さん達が、私は好きです。


R0012758-ct-cx.jpg

そして、竈の大きさもまるで無視。
いいねぇ。
その首謀者であろうKADOYAのIさん(以下、ハンサム)とライスが楽しげにお話中の後ろで、2m3cmがなにやらごそごそやっていますが、多分あなたの身体はそのテントには収まりません。

収まるはずがありません。


R0012760-ct-cx.jpg

ハンサムがちょいちょい写り込みますが、逆サイにはNさん(以下、交通費)。
職業柄、木を登らせたら、小2の100倍速いです。


R0012795-ct-cx.jpg

んで、焼く。


R0012796-ct-cx.jpg

んで、群がる。

つーか、キミ居たのか。
忘れておったよ。
ずっと883ハガーを乗り続けているタカ(以下、タカ)。


R0012799-ct-cx.jpg

んで、焼く。


R0012801-ct-cx.jpg

んで、群がる。


R0012799-ct-cx.jpg

んで、焼く。


R0012805-ct-cx.jpg

2m3cm(改め2m4cm)


R0012809-ct-cx.jpg

などとふざけているうちに、日もとっぷりと暮れ、あとはHMを待つばかり。


R0012815-ct-cx.jpg

そして、この写真に繋がるわけだな。

なるほど。



つづく。


プロフィール

Author:Joe
Joe's MOTORCYCLE

東京都杉並区下井草1-32-2-104

TEL/FAX 03-6913-7830

OPEN 12:00~20:00

水曜定休

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。