スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REPAIR

その昔、曲がってしまったサイドスタンドを直してもらおうと近所のバイク屋に持って行き、酸素で炙って真っ直ぐにしてくれとお願いしたところ
『懐かしいの乗ってるじゃねーか』
と奥からおじいさんが出てきて『バッチリ直しといてやるよ』
と快諾。

翌日、引き取りに行くと
『一応真っ直ぐにはしたんだけどよ、なまっちまって弱くなるから補強しといたよ。これでもう絶対曲がらねーよ。ガハハ』

KICX0081.jpg

それがコレ。

両サイドに約5mm厚の鉄片をアーク溶接。
丸棒のはずが四角。

その時は、おっちゃん勘弁してくれよーと思ったが、まぁ新品買うまでガマンすんべぇと金二千円也を支払い、家に帰って取り付けてはみたが、お面片手に溶棒咥えてバチバチやってるおっちゃんの姿がしか思い浮かばない。

あれから十数年、結局新品を買うことは無く、一時凌ぎのつもりだったコイツも今ではめっぽう気に入ってたりする。

オリジナル大好きな人から見ればなんだこりゃでしょうが、おっちゃんが直してくれたサイドスタンド無くしては私のCBは語れません。



スポンサーサイト

CORONA

KICX0069.jpg

コロナのタンクバッグが入荷。
M \8190- (税込み)
L \9345- (税込み)


KICX0072.jpg

マグネットではなくゴムバンドというところが良い。


KICX0061.jpg

こちらはスポーツタイプ。
\7140- (税込み)
好みの分かれるところですが、私は好きです。


KICX0062.jpg

これで立花のチャレンジバッグを引っ掛ければ無敵。
何的に無敵かはさておき、以前所有していたPANチョッパーに較べれば100倍荷物が積めます。


KICX0075.jpg

こうなるともはや軍人ですが、まぁいいでしょう。
これで奥さんにお土産買って帰れます。

MADE IN JAPAN



珍しくも何ともありませんが、ツナギに着替えようとしたら、あまりにもカッコよかったので。
これで飛行機が飛んでいればBECKですが、Schottの黒タグよりはるかにイカした黒タグが白いツナギに映えます。

ジャパニーズカバーオールといえば、こちらのメーカーは昔から定番で、私もクルマ屋時代から何着も着たおしてきましたが、ディッキーズ等のアメリカ物より着心地が良く気に入っています。

綿100%なので、新品の時は裾を2回程ロールアップしなければならないくらい大きくても、洗濯を繰り返すと最終的にはおっさんのスラックスが如くくるぶし丸出しになってしまったものですが、今はそこまで縮まないので安心です。

浅間レースかはたまたカミナリ族かというデザインに見れば見るほど心惹かれます。

MONKEY

KICX0053.jpg

Z50M
パンクで環七から押してご来店のお客様。
モンキー好きでこの他にも数台所有されているようです。
お名前をお聞きするのを忘れてしまいましたが、楽しいひと時を有り難う御座いました。


KICX0052.jpg

‘ないものをつくれ’
というのはこういう事なのではないでしょうか。
アメリカ製某メーカーの猿真似はもうおなかいっぱいで御座います。

900



'71 XLH
このスリム具合がたまりません。


KICX0048.jpg

KICX0050.jpg

デカールのかすれ具合がたまりません。
プロフィール

Joe

Author:Joe
Joe's MOTORCYCLE

東京都杉並区下井草1-32-2-104

TEL/FAX 03-6913-7830

OPEN 12:00~20:00

水曜定休

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。